無職のふたりのブログ(さいのね畑農業研修中)

無職になった二人の新しい生活。その日々を綴ります。

とある朝…。

こんにちは。

無職のふたり、 あき  です。

閲覧いただき、ありがとうございます。

 

日記を読んで気になっていた人もいるかもしれませんが、

旅と旅の間の空白の期間に何があったのかについて書いていきます。

 

実は、旅の途中に大きなハプニングが!!

 

とある朝

起きて、出発の準備をして、エンジンをかけたら、

『ギギギ!』

みたいな異音が・・・。

しぃ:あれ、やばくない?

あき:これはやばいやつだね。

瞬時に二人ともスマホを取り出し検索。

 色々調べると、どうやらエンジン始動時に重要なセルモーターという部品が原因のようです。

 それでも不安だったため、一応ディーラーに行ってきました。

エンジン始動『ギギギ!』

ディ:う~ん。多分セルモーターだと思います。ギアの摩耗により、噛み合わせが悪いんでしょう。外して見てみないことには断定できませんが。

とのこと。

ディーラーでセルモーターを交換する場合の見積もりを頂き一時退却。たしか5万円くらいだった気がします。

ふたり:『高っ!!』

ここで自分たちで交換することを視野に入れ、動き出します。

YouTubeで交換方法を調べると、

僕たちと同じ車のセルモーター交換の動画が!

しかもそこまで難しくなさそうだし、自分で交換できればセルモーターの値段だけ。

値段を調べると、なんと10000円。

ふたり:『安っ!』

新品ではなくリビルト品ですが、保証もついてこの値段なら良いと判断。購入。

リビルト品とは? 自動車において、中古製品から部品を取り出し、再利用可能な状態にまで整備を行ったリサイクル部品。価格や作業性などの面でも多くのメリットがある。

  交換当日

ここでもプチハプニングが。

セルモーターが外れない!

固定しているボルトナットがなめっていて取れないし固い。

かなり手こずり、格闘すること3時間。

何とか外せました。いや~しんどかった!

 

実際に外したセルモーターは、

ディーラーの人が言っていた通りで、ギアが摩耗していました。

新しいセルモーターを無事取り付け完了。

エンジンをかけても異音なし!

そしてかなりスムーズなエンジン始動になった気がします。

直って良かった~!

 

今回の話はここまで。

 

では、次回をお楽しみに~